室内引戸のヘッダー画像
グローバルナビ室内建具トップの画像グローバルナビ室内ドアの画像グローバルナビ親子ドアの画像グローバルナビトイレドアの画像グローバルナビ防音ドアの画像
グローバルナビクローゼットドアの画像グローバルナビ折れ戸の画像グローバルナビ間仕切り戸の画像グローバルナビファミリーラインの画像グローバルナビウッディーラインの画像

室内引戸

リクシル(トステムの)室内引戸はVレール方式、上吊方式、アウトセット方式の3つの方式の引戸があり、
また引戸のスタイルも、片引戸、引違い戸、引分け戸と間口に合わせてお選び頂けます。
新築住宅を建てる場合多くの方はおしゃれで見栄えの良い開き戸を選択される方が多いと思います。
しかし、引戸には多くのメリットがあり、その便利さから引戸を採用される方も増えてきています。
引戸のメリットとは、ドアを開けたままにして空間を広く使うことができる。ドアの開閉スペースが要らない。
身体をずらさずに扉を開けられる。ドアが風により勢い良く閉まることがない等々が挙げられます。
また、リクシルの室内引戸は豊富なデザインを取り揃えていますので、ご自宅の雰囲気にあったデザインをお選び頂けます。

室内引戸の種類一覧

※画像はウッディーライン ・デザイン:CF1 ・カラー:クリエラスク

Vレール方式引戸の画像 上吊り方式引戸の画像 アウトセット方式引戸の画像
Vレール方式引戸
¥42,800~
上吊方式引戸
¥44,900~
アウトセット方式引戸
¥47,100~

室内引戸のスタイル一覧

※画像はウッディーライン ・デザイン:CFS ・カラー:クリエラスク

片引戸の画像 引違い戸の画像 引分け戸の画像
片引戸(標準タイプ) 引違い戸(2枚建て) 引分け戸

室内引戸のカラー一覧(クリエカラー)

※画像はウッディーライン ・デザイン:CKV 

室内引戸VレールCKVクリエダークの画像 室内引戸VレールCKVクリエモカの画像 室内引戸VレールCKVクリエラスクの画像 室内引戸VレールCKVクリエペールの画像 室内引戸VレールCKVクリエホワイトの画像
クリエダーク クリエモカ クリエラスク クリエペール クリエホワイト


室内引戸-Woodyline(ウッディーライン)-
Vレール方式の機能・特徴

レール付きで安定感のある、オーソドックスなタイプの引戸です。
Vレール方式引き戸の説明画像

室内引戸-Familyline(ファミリーライン)-
Vレール方式の機能・特徴

操作しやすい引戸です。片引戸、引違い戸、引分け戸と間口に合わせてお選び頂けます。
ファミリーラインVレール方式の説明画像

調整が出来るモヘア
<Vレール方式・上吊方式>(Woodyline・Familyline)

モヘアとは、扉の隙間に防風材として使われている短い毛です。
中縦枠に付いているモヘアは可動式で、ドライバーで簡単に調整できます。

【 モヘアの調整方法 】

1.中縦枠のモヘア調整ネジを手回しドライバーで回してモヘアの出寸法を調整して下さい。
2.調整後、本体とモヘアの先端が1~2mmの隙間が確保されているか確認して下さい。
※出荷字には輸送時のモヘアの折曲りを防ぐため、モヘアを最も引っ込めた状態で出荷しています。
調整ができるモヘアの説明画像
※引込み戸に付くモヘアには調整機構はありません。


反りに対応できる2次元調整戸車/吊車
<引戸共通>(Woodyline・Familyline)

木質建具は温度と湿度の影響を受けやすく、木材特有の反りが発生する場合があります。リクシル(トステム)の建具は、反りに対応した建て付け調整が出来る機能が付いており、本体木口から上下、前後の2つの調整がドライバー1本で可能です。
2次元調整戸車、吊車の説明画像


押すだけで簡単施錠のプッシュ錠
<引戸共通>(Woodyline)

押すだけでロックできる簡単操作のプッシュ錠。
小さな子どもからご高齢者の方まで使いやすい優しい設計となっています。
プッシュ錠の説明画像

【 引戸錠のかかり調整 】

ストライクの調整ネジを右に回すと錠のかかり部が出て、
左に回すと錠のかかり部が奥に入ります。
引戸錠のかかり調整の説明画像
[ 本体と枠の隙間が大きい場合 ]
調整ネジを左に回して調整して下さい。
本体と枠の隙間調整説明画像
[ カギがかかりにくい場合 ]
調整ネジを右に回して調整して下さい。
カギがかかりにくい場合の調整方法の画像

掃除がしやすいレール形状
<Vレール方式>(Woodyline・Familyline)

ほこりやゴミのつまりやすいレール部分は掃除がしやすいようにU字型形状になっています。
※フラット下レールはレール形状が異なります。
※レール部はシャイングレー色となります。
掃除がしやすいレール形状の説明画像

指を挟みにくいクロス引手
<Vレール方式>(Woodyline・Familyline)

片引戸2枚建、3枚建、引違い戸3枚建は中間扉の引手をクロスにしているので、指を挟みにくく安全に使用できます。
手を挟むおそれのある召し合わせ部分には、引手がありません。

クロス引手の説明画像

はね返りを少なくしたブレーキ機構
<Vレール方式・上吊方式>(Familyline)

本体が縦枠に近づくと、上部に取り付けてあるブレーキ機構により減速します。引戸本体の跳ね返りが少なくなり、枠とぶつかった際の衝撃音が小さくなります。ドライバー1本で簡単に調整できる、調整機能が付いています。 ブレーキ機構の説明画像

【 ブレーキ力調整方法(上枠レール内) 】

 

<Vレール方式>

上レール内側に付いているブレーキ部品の調整ネジを回して、ブレーキ力を調整して下さい。
左に回すと弱くなり、右に回すとブレーキ力は強まります。
 

<上吊り方式引戸>

上レール内側に付いているブレーキ部品の調整ブロック固定ネジを2回転まで緩め、調整ブロックをスライドさせて、ブレーキ力を調整して下さい。調整後は固定ネジを締めて下さい。
ファミリーライン引戸ブレーキ機構の調整説明画像
 


縦枠加工が不要な枠寸法
<引戸共通>(Woodyline・Familyline)

どの納まりにも対応する寸法になっている為、施工の手間がかかりません。

<薄沓摺りをご使用の場合>
ツバ付薄沓摺り・薄敷居(3方枠/横勝ち)の画像 ツバなし薄沓摺り・薄敷居(4方枠/縦勝ち)の画像
ツバ付薄沓摺り(3方枠/横勝ち) ツバなし薄沓摺り(4方枠/縦勝ち)

ソフトモーション機能
<引戸共通>(Woodyline)<Vレール方式>(Woodyline)

ウッディーラインのVレール方式引戸にはWソフトモーション機能が付いています。
Wソフトモーション機能とは、扉を開ける時と閉める時どちらも縦枠にドアが近づくと自動的にブレーキがかかり、ドアをゆっくりと静かに引き込む様になっている機能です。
開閉時の衝撃音の緩和、閉め忘れ防止、子供の指挟み防止など様々な生活のシーンに役立つ便利な機能となっています。
※引込み戸は戸先側のみソフトモーション機能となります。
ファミリーラインのVレール方式引戸にはシングルソフトモーション機能が付いています。
シングルソフトモーション機能とは、扉を閉める時に自動的にブレーキがかかり、ドアがゆっくりと閉まる機能です。


施工が楽になる小壁用幅木
<引戸共通>(Woodyline・Familyline)

片引戸には、小壁のボードと床材を見切る為に、幅木が同梱されています。

※小壁用幅木は専用部材であり、造作材の定尺材とは形状が異なります。(高さ60mm、厚み3mm)

施工が楽になる小壁用幅木の説明画像

バリアフリーに対応する様々な下枠
<Vレール方式>(Woodyline)

バリアフリーに対応する様々な下枠

3方枠 フラット下レール 3方枠 埋込敷居 3方枠 ツバ付薄敷居 4方枠 ツバ無薄敷居 3方枠 床見切り材
(上吊用)

※ツバ付き薄下枠の床の厚みが12mmより薄い場合は、施工出来ません。フラット下レールもしくはツバなし薄下枠をご使用下さい。
※直貼りタイプの床を使用する場合は、ツバなし薄下枠をご使用下さい。
※埋込下枠を除き、各敷居のレール部以外は全て製品色にて化粧されています。(フラットレールの固定ネジの頭も製品色の塗装仕上げです。)
※ツバ付き薄下枠のツバ部は接着剤止め(現場加工)ですので、取り外しは出来ません。
※各敷居のレール部以外は全て製品色にて化粧されています。(フラット下レールの固定ネジの頭も製品色の塗装仕上げです。)


バリアフリーに対応する様々な下枠
<Vレール方式>(Familyline)

埋込沓摺りと2種類の薄沓摺りをご用意しています。

埋込沓摺りの説明イラスト ツバ付き沓摺りの説明イラスト ツバなし薄沓摺りの説明イラスト
埋込沓摺り ツバ付き薄沓摺り ツバなし薄沓摺り

※ツバ付薄沓摺りは床の厚みが12mmより薄い場合は施工出来ません。ツバなし薄沓摺りをご使用下さい。
※直貼りタイプの床を使用する場合は、ツバなし薄沓摺りをご使用下さい。埋込沓摺り、ツバ付き薄沓摺りはクッションフロアー、カーペットなど柔らかい床面にはご使用出来ません。
※各沓摺りは全て製品色にて化粧されています。
※ツバ付薄沓摺りのツバ部は接着剤止め(現場加工)ですので、取り外しは出来ません。
※ツバなし薄沓摺りは枠の組み方が異なる為、3方枠には使用できません。


見た目もすっきりシンプルな枠デザイン『スマート枠』
<Vレール方式・上吊方式>(Woodyline)

見付けを極限まで薄くしたこだわりの枠デザイン。壁からの出寸法をちいさくする事で、スマートな納まりが可能です。
【 スマート枠についてご確認いただきたいこと 】
1.全機種受注生産品です。(受注から工場出荷まで約5日間)
2.サイズや壁厚が限定されます。詳細は設定一覧ページにてご確認下さい。
3.設定色はクリエホワイトのみです。
4.スマート枠は、壁からの出寸法を小さく抑えた設計となっています。納まりには幅木スマート、クッション幅木スマートをお使い下さい。その他の幅木では、出幅寸法内に幅木が納まりませんのでご注意ください。


枠組みの楽なジャストフィット金具でしっかり確実に取り付け
<Vレール方式・上吊方式>(Woodyline)

組み立てネジの受け材に特殊ナットを装備。組み立てネジの高い保持力により、部材の締付け力を強化しています。ねじれや隙間の心配がなく、電動工具で施工できます。 ジャストフィット金具の画像
室内引戸商品一覧ページへのバナー


室内引戸-Woodyline(ウッディーライン)-
上吊り方式の機能・特徴

段差がなく、バリアフリー住宅に最適な上吊方式引戸。より安全性を求められる方にオススメです。
ウッディーライン上吊方式引戸の説明画像

室内引戸-Familyline(ファミリーライン)-
上吊り方式の機能・特徴

ファミリーライン上吊方式引戸の説明画像

扉本体のガタツキを抑える振れ止め機構(キャッチ機構)
<上吊方式>(Woodyline・Familyline)

縦枠側と本体側を噛み合わせる戸先振れ止め機構(キャッチ機構)を採用。
本体が閉まっている時のガタツキを抑えます。
振れ止め機構の説明画像

床を張り分ける時に便利な床見切り材
<上吊方式>(Woodyline・Familyline)

引戸を境に床を張り分ける場合にご使用下さい。
ツバが広く納まりに合わせて使い分けができるので施工が簡単です。
床見切り材の説明画像

室内引戸-Woodyline(ウッディーライン)-
上吊り方式(引込み戸)の機能・特徴

上吊方式には、本体が壁の中にスッキリと納まる引戸があります。
スッキリとした印象の美しい空間を演出します。
ウッディーライン上吊方式引込み戸の説明画像

上吊り方式引込み戸でスペースを有効活用
<上吊方式(引込み戸)>(Woodyline)

扉本体が壁の中にスッキリと納まる引込み戸なら、デッドスペースを気にせずにスペースを有効活用できます。

引込み戸スペース有効活用の説明画像


壁内の扉を簡単に引き出すことができるポップアップ方式
<上吊方式(引込み戸)>(Woodyline)

扉を引き出す時は、指で扉の木口を押すだけで簡単に扉を取り出せるポップアップ方式を採用しています。
また、開けきった時はマグネットで扉が固定された状態になりますので、扉が勝手に閉まりません。

引込み戸で、壁の中に入った扉を簡単に引き出せるポップアップ方式を採用。
壁内の扉を引き出す時は、指で扉の木口を押すだけで簡単に扉を取り出すことができます。
また、完全にドアを開けきった時は、マグネットで扉が固定された状態になりますので、扉が勝手に閉まる事もありません。
ポップアップ方式の説明画像
安全性の配慮も
指挟み防止を考慮して、壁面に納まった時の扉と壁の隙間を広くとっています。
引込み戸指挟み防止の説明画像

枠を施工した後から本体を吊り込む安心設計
<上吊方式(引込み戸)>(Woodyline)

枠を施工した後から本体を吊り込む事が可能な設計です。本体を枠開口に対して斜めにし、戸尻側の吊車を取付、床漬ガイドピンに本体下部の溝に通し、回しながら戸袋に入れます。
また、枠を外すことなく簡単に扉が外せるので、メンテナンスにも便利。
ジョイントレール方式なので部品の交換も簡単です。
※枠施工時に(戸袋を作る前に)本体の吊り込みによる、作動・納まりをご確認下さい。(戸袋を作った後での調整が難しくなります。)
 
【注意】:お施主様ご自身による取り外しはケガ・商品破損のおそれがありますのでおやめ下さい。
引込み戸枠施工後に吊り込む安心設計画像

【施工上のご注意(上吊方式)】
枠を施工される際には、垂れ下がりの原因となる為、軽量鉄骨に直接付けずに、必ず木枠を回してから施工をして下さい。


室内引戸-Woodyline(ウッディーライン)-
アウトセット方式の機能・特徴

上部にレールを取付けるタイプの引戸です。
開口部があれば取り付けが可能ですので新築だけでなく、リフォームにもオススメです。
ウッディーラインアウトセット方式引戸の説明画像

簡単施工のリフォーム用アウトセット引戸
<アウトセット方式>(Woodyline)

レールセットを壁に取付けるだけの簡単施工で完成。小壁工事が不要なので、施工が省力化できます。開口部があれば取り付けが可能ですので、新築だけでなくリフォームにもオススメです。既存のドアをアウトセット引戸にすれば、有効開口を広げたりデッドスペースの削減ができます。 アウトセット引戸の取り付け例の画像
アウトセット引戸有効開口・デッドスペースの説明画像

入隅開口部の納まりに対応した縦部材
<アウトセット方式>(Woodyline)

入隅開口部の納まりに対応した縦部材を新規にご用意しました。納まり対応の幅が広がりました。
※入隅用縦部材を使用した場合、両面化粧縁は取り付けできませんのでご了承下さい。
アウトセット方式引戸縦部材の説明画像

現場加工が可能なレールセット
<アウトセット方式>(Woodyline)

現場寸法に幅広く対応する為、両端部より150mmずつ、合計300mmのカットが可能です。
 
【注意】
必ず両端部から均等にカットして下さい。カットする場合、本体サイズは特注対応して下さい。
例)両端部150mmずつカットする場合▶本体サイズは、企画DW-150となります。
現場加工な可能なレールセットの画像

コンパクトな錠受け
<アウトセット方式>(Woodyline)

コンパクトで、カラーは壁に馴染むホワイト系です。

※CA6デザインの錠付設定はありません。
※引戸錠受けの部分色はホワイト系のみとなります。

コンパクトな錠受けの説明画像

掴みやすいバーハンドル
<引戸共通>※特注対応(Woodyline・Familyline)

ライフスタイルに合わせて、引手からバーハンドルに変更できます。
後付バーハンドルは、両側バーハンドルと片側バーハンドルの2種類をご用意しています。
引手からバーハンドルに変更のイメージ画像
【バーハンドルの取付けについて】
引手を取り外し、加工穴へバーハンドルを挟み込むだけの簡単取り付けです。
◯両側バーハンドルはバーハンドル取り付け用の引き残しを確保する為、引戸本体にストッパー(本体取付用)を取付ける仕様になり、開いた時のソフトモーション機能は無効となります。(ストッパーは同梱)
◯バーハンドルを取り付けた場合、有効開口寸法は93mm小さくなります。
◯バーハンドルは引違い戸、引分け戸にも取り付け可能ですが、バーハンドルが扉や枠に当たる等開閉に支障が出ますので、片側バーハンドルをご使用下さい。
※バーハンドル部は無垢材に塗装仕様となります。色はシート色に合わせていますが、若干色味や質感が異なります。
※アウトセット方式は片側バーハンドルのみとなります。
※CA6デザインには取り付けできません。
バーハンドルの取り付け説明画像

使いやすい大型サムターン錠
<引戸共通>※特注対応(Woodyline・Familyline)

カギをつまみにくいお子様やご高齢者の方でも操作しやすい形状です。 大型サムターン錠のイメージ画像

子供を危険な場所から守るチャイルドロック
<Vレール方式・上吊方式>※特注対応(Woodyline・Familyline)

家庭内事故が最も多い4歳くらいまでの小さな子どもが届かない高さ(床面から1,500mm)に両側から施錠ができる錠を設置できます。
室内側からも室外側からも施錠・解錠ができるようになっています。
小さな子供の浴槽・洗濯機・便器等への転落事故を未然に防ぐ為のもう1つのカギです。

※枠外高さ2023mm未満は対応できません。
※チャイルドロックの取付位置変更対応はできません。

室内引戸用チャイルドロックのイメージ画像

キズが自然に消えていく『キエテクノコート』
<引戸共通>※(Woodyline)

ドアを開閉するたびに触るドアハンドルは、耐スクラッチ仕様となっています。
爪や指輪などによるすり傷がつきにくく、傷が付いてしまっても細かい傷なら自然に修復します。
※カギや硬貨等で引っかいた傷のように、塗装が剥がれる様な深い傷は修復できません。
※周囲の温度状況や傷の深さによって、修復時間は異なります。気温が低い程修復時間は長くなります。

キエテクノコートの説明画像

室内引戸商品一覧ページへのバナー

< 他の室内建具ページヘ移動 >

 
グローバルナビ室内建具トップの画像グローバルナビ室内ドアの画像グローバルナビ親子ドアの画像グローバルナビトイレドアの画像グローバルナビ防音ドアの画像
グローバルナビクローゼットドアの画像グローバルナビ折れ戸の画像グローバルナビ間仕切り戸の画像グローバルナビファミリーラインの画像グローバルナビウッディーラインの画像

ご注文からお届けまでの流れ

関東以南のエリアなら最短10日間でお届けできます

*交通状況やメーカー事情により日程が前後する場合がございます
*土日祝日を除く

ご注文からお届けまでの流れ

ページ上部へ
戻る